自分で-カオソック国立公園

カオソック国立公園へドライブ
使用すること

タクアパーの4 km後、H401(KM 145.5)が右に分岐し、スラーターニー(156 km)に向かいます。道はまず広いタクアパ渓谷の端に沿って進み、次に優雅な曲線を描いて丘陵地帯にスイングします。 KM 107の峠を越えて、生い茂った石灰岩の崖の素晴らしい風景があります。 KM 109.1の道路は、左側(2 km)に向かって646 km2の熱帯雨林国立公園に通じています。多くの旅行者が海岸の間でこの停車をします。なぜなら、カオソックだけで、ロマンチックなゲストハウスでさえも、夜のドアのすぐ外にある常緑のモンスーンフォレストで夜を過ごすことができるからです。公園は決して過密ではありません-毎年数千人の観光客だけが公園を訪れます。エントリー200バーツ、車20バーツ。

自然愛好家は、密なジャングル、小さくて平凡な滝、小川沿いの美しいハイキングコース、自然歩道を期待できます。

象、一部のトラ、ヒョウ、ツキノワグマ、ガウルとセローを含む多くの珍しい哺乳類は、公園の森に住んでおり、数日間続くジャングルトレッキングにしか乗れません。運がよければ、トカゲ、テナガザル、イノシシ、ムササビ、リス、カワウソ、サイチョウが見やすくなります。

使用すること

2011年、ラフレシアはパンガー県にも存在する必要があるという最初の兆候が出ました。写真で証明されているように、今やラフレシアが実際に繁栄しているパンガー県の6か所を知っています。

ほんの数年前、リアナの種の根に生育する寄生植物であるラフレシア(Rafflesia kerrii meijer、タイのBuah Puht)のいくつかの標本は、入り口の近くで見つかりませんでした。

板状の5つの部分からなるレンガの赤と白のパイドフラワーは、直径80 cmの地球上で最大の単一の花の1つです。

地元住民によると、他の情報源によると、梅雨の初めに6月から7月に咲き、9月から12月にかけて咲きます。

一年中見られると言う人もいます。公園の外のいくつかの場所で開花が行われるので、この植物に興味がある人はゲストハウスに問い合わせることができます。

美しいヤシの木ケリドキシアエレガンス(またランコウヤシの木)は、植物学者にとってもう1つの魅力です。膨らんだ車のホースで川を下りたい人は、梅雨の後で最高の選択肢があります。

使用すること

この公園のジャングルは、メイントレイルに沿って自分で簡単に探索できます。一人でやる気がなければ、ゲストハウスから知識豊富なガイドを雇うことができます。
5月から12月までの雨季の間、公園は(タイタークで)多くのヒルを気にしない人や、タバコジュースやトラバームなどの家庭薬の助けを借りている人にだけ価値があります。 1月から4月まで温血動物に影響を与えるダニ(タイヘップ)に対して、ズボンの足を靴下に入れて忌避剤を使用すると役立ちます。夜はとても寒くなります。臭いがおいしいドリアンは、6月から8月までこの地域で熟します。

本社:15/165 Phetkasem Road、Khaolak、Takua Pa District、Phang-Nga、Thailand、

カオラック| jwilsdorf@gmail.com | +66 61 43 701 36 | ©イェルク・ヴィルスドルフ

カオラックの他のスペル:カオラック、カオラック

このホームページは
.com
を使って作成されました。あなたも無料で作ってみませんか?
今すぐはじめる